安い料金で利用できる

保育士と子供

障害を持つお子様をいる方は、学校に預けている間は安心できたとしても、帰宅してからを心配している場合もあるでしょう。そのときは、放課後等デイサービスを利用して、お子様を預かってもらうことをおすすめします。障害がある方を預かる施設というと、まだまだ小さい子供だけだと考える方もいるかもしれません。しかし、放課後等デイサービスでは、6歳から18歳(高校生まで)という幅広い年齢に対応しているので、小さいお子様でなくても預かってもらえます。なお、宇都宮で放課後等デイサービスを利用する場合は、一日あたり1000円から1200円程度、料金が取られることになります。預けるお子様の年齢や、平日か休日かによっても料金が異なるので、利用を考えるのなら調べてみましょう。放課後等デイサービスを行ってくれる施設を宇都宮で見つけて、公式ホームページを訪れればすぐに料金の確認が可能です。ちなみに、年間の世帯所得によって月あたりの上限額が決められているため、一定の額以上は支払わずに済みます。そちらも、公式ホームページに記載されているはずなので、世帯年収を確認してから目を通してみましょう。生活保護を受けている場合や低所得者の場合は、無料で利用できる可能性もあるので、お金がないと諦めずに調べることをおすすめします。とても便利なサービスなので、お子様はもちろん、自分自身のためにもしっかりと活用しましょう。

施設選びはお子様のことを考えて行う

保育園のイラスト

宇都宮市で放課後等デイサービスを受けるには、さまざまな条件が必要になるため、自分で調べるよりも施設に聞いてしまったほうが早いです。どのような障害を持っていれば利用できるかなど、詳しく説明してくれるので、相談の連絡をして実際に施設を訪れてみましょう。なお、宇都宮ある放課後等デイサービスは一つではないため、複数の中から、お子様に会ったところを選定しなければいけません。通う施設によって料金が大幅に変わるようなサービスではないので、できる限りよいところを探してあげましょう。インターネットならば、実際にお子様を通わせている方の口コミを探すのは簡単なため、施設名での検索をおすすめします。もちろん、口コミで評判がよくても、学校から交通の便が悪ければ、お子様に合っているとはいえません。そのため、公共交通機関もしっかりとチェックをして、障害があるお子様が問題なく通える放課後等デイサービスを探しだしてあげましょう。

広告募集中